蜂を退治した後は今後の対策が重要な役割を果たします

駆除した後こそ蜂退治を徹底するタイミング

キイロスズメバチを専門業者に任せて退治した後は、「もう安心!」と思われる方が多いでしょう。しかし、蜂の習性として蜂の巣があった場所に戻ってきて(戻り蜂)さらに蜂の巣を作り始めるケースもあり、危険リスクはまだ残っています。ここで、その戻ってくる蜂の対策と蜂の巣を作らせないためのポイントを見てみましょう。

戻り蜂退治がポイント

蜂の巣を駆除して何日か経った後に、蜂の巣があった所に戻ってくる蜂を戻り蜂といいます。駆除した蜂の巣に生息していた蜂で、駆除が行われる前に遠くに出かけて戻ってきた蜂です。このような蜂は放置せずに早めに駆除するようにしてください。蜂の巣がないからといってうっかり子供が近づいてしまうと、刺されてしまう恐れがあります。また、蜂の巣があった所というのは、蜂にとって蜂の巣を作るのに適した環境ということなので戻り蜂が新たに蜂の巣を作り始める可能性があるのです。都会では戻り蜂による被害が多いので、駆除するだけでなく今後の対策が重要となります。

蜂の巣を作らせないように対処する方法

軒下
軒下に蜂の巣を作らせないようにするためには、常に蜂の巣がないかチェックすることが大切です。引っ越しをする蜂の場合は、対策を怠るとすぐに大きな蜂の巣を作ってしまうでしょう。早めに発見すれば駆除も簡単ですし費用も安くなります。
天井裏・床下
家の中の天井裏や床下でも蜂の巣を作ることがあります。蜂に侵入されないように通気口や隙間を金網で塞ぐという対策が必要になります。目の細かい金網を設置すれば、完全に塞ぐ必要はないので室内の換気を行なえるでしょう。
家の周り
家の周りに蜂の巣を作らせないように、ゴミなどを置かないようにしましょう。ゴミには餌になるものがあるので、餌が多いと蜂にとって最適な環境となるので注意してください。また、水がある場所にも集まるので鉢植えの水やペットの水も放置しないようにしましょう。
to top